TC-Helicon > 製品情報 > VoiceLive 3

: : First Step
: : 製品概要
: : 製品画像
: : 技術仕様
: : 製品マニュアルPDF(11 MB)
: : SW v1.2補足マニュアルPDF
: : VoiceSupport
: : 最新ソフトウェア情報

: : 機能比較
: : VoiceLive 3の新機能
: : VoiceLive 3 vs VoiceLive 2
: : VoiceLive 3 - 新機能概要




本ページでは、VoiceLive 3の主な特徴、及び新たに搭載された機能/仕様、VoiceLive 2からアップデートされた機能をリストアップしています。


新機能/改善点 エフェクト・ブロック 解説
ボーカル・プロセッシング
3つの新ハーモニー・モード追加 ハーモニー Pedal(ペダル)/Fixed(固定)/Mixed(混合)の3つの新ハーモニー生成モードを搭載。
新ハーモニー・モード/その1:
Harmony Fixed Mode
ハーモニー コード進行に関わらず、固定のハーモニー・ノートを生成します。
新ハーモニー・モード/その2:
Harmony Pedal Mode
ハーモニー コードのキーでハーモニー・ボイスを生成します。
新ハーモニー・モード/その3:
Harmony Mixed Mode
ハーモニー Fixed、Pedal、NaturalPlay、Scale、Shiftの各モードをミックスしてハーモニーを生成します。
Harmony Holdを改善 ハーモニー Harmony Hold機能がより正確になりました。
ポルタメント(ヒューマナイズ)を改善 ハーモニー よりリアルなハーモニー・ボイスを生成します。
ピッチシフト・レンジの増幅 ハーモニー/ハードチューン +/-3オクターブのピッチシフト・レンジを実現。
RoomSense、NaturalPlay対応 ハーモニー/ハードチューン 本体に搭載されているRoomSenseコンデンサー・マイクによるキー/スケール検知が可能。ハーモニー/ハードチューンのキー・ガイドとして使用できます。
ポリフォニック・ボーカル・シンセ追加 ヴォコーダー マルチノート・シンセサイザー・ボーカル・サウンド生成可能。シンセ波形を本体に内蔵しています。
ヴォコーダーFX追加 ヴォコーダー トーキング・ロボット、ギター・トークボックス、オンボード・ウェイブ含むヴォコーダー・サウンドを生成。
ハードチューンFXの改善 ハードチューン スタイルによってハードチューンの掛かり具合を改善。
新しいハードチューン・スタイル追加 ハードチューン ハードチューンのFXスタイルを追加。
独立したTransducer/Hardtuneボタン トランスデューサー/ハードチューン トランスデューサーとハードチューンの各エフェクトがそれぞれ独立したボタンでアクセス可能になりました。
トランスデューサー・スタイル移行を改善 トランスデューサー トランスデューサーのスタイル切り替えがよりスムーズになりました。
ダブリングFXの改善 ダブリング より正確で適切なダブリング・サウンドを実現。
新1/2ノート・ディレイ・ディヴィジョン追加 ディレイ ディレイ・ディヴィジョンの種類を追加。
新ディレイ・フィルター追加 ディレイ ディレイ・フィルターの種類を追加。
クワイアーFXブロック追加 クワイアー 新たにクワイアーFXブロックを搭載し、リード・ボイスにクワイアー・サウンドを付加することが可能になりました。
リズミックFXブロック追加 リズミック 新たにリズミックFXブロックを搭載。
リバーブの改善 リバーブ リバーブがよりナチュラルなサウンドに改善されました。
FXスタイルの増強 ALL 全エフェクト・ブロックに新たなFXスタイルを追加。
EQの改善 トーン EQレンジの増幅、及びEQ精度を改善。
ギター・プロセッシング
TC Electronic社製ディレイ搭載 ディレイ TC Electornic社のFlashback Delayアルゴリズムを採用。
TC Electronic社製リバーブ搭載 リバーブ TC Electornic社のHall Of Fame Reverbアルゴリズムを採用。
TC Electronic社製コーラス搭載 micro Modモジュレーション TC Electornic社のCorona Chorusアルゴリズムを採用。
TC Electronic社製フランジャー搭載 micro Modモジュレーション TC Electornic社のVortex Flangerアルゴリズムを採用。
オクターバー&ピッチシフター搭載 オクターバー +/-2オクターブのピッチシフトが可能。ドライ音とのミックス、もしくはドライ音を消して出力することが可能です。
ドライブFX搭載 ドライブ/アンプ クリーン・ブーストから過激なメタル・ディストーションまでカバー。TC Electronic社製Dark Matterディストーション・ペダルのセッティングも使用可能。
トークボックス搭載 ヴォコーダー(ボーカル・エフェクト内) ボーカル・エフェクト・ブロック内のヴォコーダーFXを使用し、ギター・トークボックス・サウンドが生成可能。
ワウ搭載 ワウ クラシックなサウンドからフィルターを使用したモダンなサウンドまで
トレモロ搭載 リズミック 初期ブラックフェイス・アンプを彷彿とさせるクラシック・サウンドを生成します。
リズミックFX搭載 リズミック チョッパーやパンナー・サウンドを生成します。本エフェクトはグローバル・ディレイとルーパーのテンポにリンクしています。
HITボタン搭載 ALL ボーカル・エフェクトと同様、1ボタン操作で同時に複数のギター・エフェクトをON/OFFできます。
コンプレッサー搭載 コンプレッサー プリセット毎に設定可能なコンプを搭載しています。コンプレッサー専用のフットスイッチを装備。
アンプ・シミュレーション機能搭載 アンプ カスタマイズ可能な、多彩なアンプ・モデリング・サウンドを提供します。
パンナー搭載 プリセット ギター・サウンドをプリセット毎にパンニングできます。
EQ搭載 プリセット プリセット毎に、もしくはグローバル設定でEQコントロールが可能です。
アコースティック・モード搭載 システム・メニュー アコースティック・ギターを使用する際に、最適なサウンドが得られます。
ハードゲート搭載 システム・メニュー クイック・レスポンス&クイック・リリースを特徴とするノイズゲートを搭載。ギターのノイズを効果的に排除すると共に、エフェクティブな使い方も可能です。
ギター・チューナー搭載 プリセットUP/DOWN UP/DOWNスイッチでアクセス可能。チューニング設定はカスタマイズ可能です。チューナー・モードを起動すると、自動的にVoiceLive 3はトーク・モードが有効になります。
マルチ・ギター出力パス システム・メニュー ギター・シグナルをPAに送るか、ギターアンプに送るか、などの選択が可能です。
ルーパー
3フレイズ・ルーパー搭載
楽曲構築に役立つ3フレイズ使用のルーパーを搭載。
LoopAssist機能搭載
タイムシンクをアシストし、シームレスなループ作成に役立ちます。
ループ保存機能搭載
VoiceLive 3で作成した最大10種類のループ・セッションが保存可能です。各セッションは3ループ・トラックまで保存できます。
ボーカル/ギターの独立ループ・プロセッシング機能搭載
ボーカルで作ったループ、ギターで作ったループはそれぞれ独立したプロセッサーで行い、出力先も変更することが可能です。
ループのプリセット関連付け機能搭載
ループはプリセットと関連付けることができます。これにより、ループをリコールすると際に使用するプリセットも同時に呼び出すことが可能となります。
45分間のループ・メモリー搭載
全トラック数/セッション数で合計45分間までのループを保存することが可能です。
自動ループ時間調整機能搭載
録音するループはそれぞれ異なる長さのものでも構いません。VoiceLive 3は自動的にループ長を調整して最適なループを完成させます。
シリアル・モード搭載
3フレイズ対応。
ループ・スワップ機能搭載
Aループを再生中に、B/Cループを切り替えることができます。
新たなメトロノーム・サウンド追加
キックドラム、スティック、シェイカー、タンバリン、カウベルの各サウンドを内蔵。
ループ入力ソース切替
ループ録音する入力の選択が立ったポジションからでも容易にできます。
ループレベル・コントロール
ループの出力レベルをミックス・スクリーンで調整できます。
ループ・コントロール・レイヤーへの簡単アクセス
VoiceLive 3でループ・プロセッシングのレイヤーにアクセスすると、フットスイッチもルーパー・レイアウトに切り替わります。これにより直観的にループ・コントロールが可能となります。
ユーザーインターフェイス
3レイヤー構造
ボーカル/ギター/ルーパーの各プロセッシングに対応した専用のレイヤーメニューを用意。
フットスイッチ機能のカスタマイズ
本体右側の6つのフットスイッチは任意のエフェクト・ボタンにアサインすることが可能です。
レイヤーミックス機能
ギターのドライブ用フットスイッチをボーカル・プロセッシング・レイヤーに配置するなど、自由度の高いレイアウト・カスタマイズが可能です。
グラフィカル・トップレベル・エディット
良く使用するパラメーター類は上部にダイレクト・アクセス用ノブを配置するなど、優れた操作性を提供するインターフェイス・デザインとなっています。
プリセット毎のボリューム・コントロール
プリセット毎にボリュームのレベル設定が可能。プリセット間の音量差を均一に保つことができます。
自動ボーカル/ギター・ゲイン調整
VoiceLive 3はボーカル/ギターの入力レベルを自動検知し、同時に最適なレベルに調整します。
ジャンル/お気に入り機能
ジャンル・ボタンは、数百にも及ぶプリセットの中から求めているサウンドを素早く探し出すのに便利です。気に入ったプリセットをお気に入り登録して、効率的なプリセット管理を行いましょう。
ALL HIT、Guitar/Vocal HIT
HITボタンはギター/ボーカルをそれぞれ独立して操作可能です。また両レイヤーのエフェクトON/OFFを一気に操作するALL HITモードも利用できます。
リバーブ・レベル・ミックス
全プリセットにわたりリバーブ・レベルを一気に調整することができます。
トーク・ボリューム・トリム
トーク・モード/バイパス時のレベル調整が可能です。
システムワイド・テンポ
全レイヤーのディレイ/リズミックFXのテンポをシンクできます。
グローバル・サウンド
お気に入りのエフェクトをグローバルで使用できます。
ALL MUTE
ボーカルとギターの音をすべてミュートできます。休憩時などにはこのモードに設定しておくと良いでしょう。
増強されたプリセット領域
VoiceLive 2に比べ、ユーザープリセット領域が100スロット追加されました。
USBバックアップ
プリセット/セットアップデータはUSB経由でパソコンに保存することが可能です。
VoiceSupportアクセス
本体に搭載されていない1,000以上ものプリセットが無償でダウンロードできます。
Mic Controlモード追加
Mic Control機能に、プリセット切替やステップが追加されました。
MIDI CC - CC7/CC8排除
CC情報からボリュームとハイレゾ・ピッチベンド情報を排除することができます。
システム情報タブ
ジャンル・ボタンを長押しすると、本体のファームウェア・バージョンなどのシステム情報が確認できます。
I/O
4 chステレオ出力(ボーカル + ギター)
ボーカル/ギターそれぞれ独立してステレオ出力が可能です。ギターは直接ギターアンプに接続可能。
ギターThru
VoiceLive 3に内蔵されているギターFXを使いたくない場合は、Thru端子を使用してエフェクター/アンプに接続しましょう。ギターシグナルはハーモニー/ハードチューンFXのキー・ガイドとして使用されます。
コンボジャック・メイン入力
XLR/TRSの形状を選びません。
ギター出力自動検知
ギター出力端子にシールドを接続すると、自動的にXLR出力からギターシグナルを排除します。
モニターIn/Thru
ヘッドフォン・モニタリングをしている際に、モニターミックスを入れることができます。他のモニターにシグナルをスルーすることもできます。
専用ギター&ヘッドフォン・ケーブル付属
アンプのない環境でも、ギターとボーカルのプロセッシング・サウンドをモニタリングできます。

TC-Helicon > 製品情報 > VoiceLive 3