TC-Helicon > VoiceSolo FX150 > 光田健一 x VoiceSolo FX150パーソナルPAモニター + ボーカル・プロセッサー

: : 光田健一 x VoiceSolo FX150パーソナルPAモニター + ボーカル・プロセッサー
スターダスト・レビューのメンバー、RAG FAIRのプロデューサー、AKB48「桜の栞」の編曲者としても知られている、作編曲家・シンガーソングライター・音楽プロデューサーの光田健一さん。2014年の春、チェリスト柏木広樹氏と全国17カ所を巡った「Duo Tour 二人旅 2014」の仙台公演でいち早くVoiceSolo FX150を導入され、本番で使用された際の感想をお聞かせいただきました。






●光田健一さんコメント

いくつかの用途で使える、小さくて良い音の出るパワード・スピーカー。そんな念願のスペシャリストと、ようやく出逢うことができました。

40〜50人キャパの小さめな会場で歌うことがあり、そんな時のセルフ・ボーカルモニターとしては十分過ぎるハイクォリティ。のみならず、部屋全体を響かせることもできる申し分のないパワー。電気的に増幅しているのではなく、まるで、歌っているその場所から声が自然と発生しているようで、声を生楽器として届けることができる…という印象です。

もちろん、会場に合わせてリバーブやEQがコントロールできるので、その時々で設定を創れることは、とてもありがたく思えます。因みに、500人キャパのホールでもピアノ弾き語りで実験してみましたが、たった一台で歌詞もしっかり届きました。

高品質エレクトリック・ピアノのセルフモニターとしても活用していますが、本機に搭載されているTANNOYドライバー・ユニットは、厚い低域も、ツヤっぽい高域もスピーカーとしての精度が素晴らしいので、楽器と音場が一体化しているようで、求めていたこと以上のチカラを発揮してくれます。

元々、ジャズ・ギタリストの天野清継さんがVoiceSolo 300XTパーソナル・モニター(生産完了品)で生ギターを鳴らしているのをスタジオで聴いて、“一聴き惚れ” をしました。卓越したプレイヤーは卓越した機材を選ぶんだなぁと痛感し、即調査。私にとって、待望の最新機種です。

VoiceSolo FX150 - 製品情報ページ



光田健一(みつだけんいち・Kenichi Mitsuda)
作編曲家・シンガーソングライター・ピアニスト・キーボーディスト・音楽プロデューサー。

作曲、和声、対位法を南弘明、谷中優両氏に師事。東京芸術大学音楽学部作曲科入学と同時にジャズ・ピアニスト、作編曲家、キーボード奏者としてプロ活動を開始。魅力的な和声と対旋律の構築手法が音楽家の厚い信頼を受け、石井竜也、江原啓之(Bar)、渡辺真知子、渡辺美里の音楽監督・編曲を担当。新日本フィルを始め、多くのオーケストラと競演。

小田和正「たしかなこと」「キラキラ」など多数の作品にコーラス参加。『♪ピアノうた』=『シンガーソングライター』、『♪ピアノびと』=『ピアニスト』として、1995年にアルバムデビュー以後、20作を超えるCD、DVD作品を発表し、全国ツアーを毎年敢行。チェンバーオーケストラで歌う最新作「HIKARI no SATO」が好評。

スターダスト・レビューのメンバー、RAG FAIRのプロデューサー、AKB48「桜の栞」の編曲者としても知られる。近年は室内楽や吹奏楽作品をコンスタントに発表。

光田健一 - オフィシャルサイト


TC-Helicon > VoiceSolo FX150 > 光田健一 x VoiceSolo FX150パーソナルPAモニター + ボーカル・プロセッサー