SYSTEM 6000 MKII - コンセプト
TC Electronicが世界に誇る、マルチチャンネル・シグナル・プロセッサーの雄

SYSTEM 6000 MKIIは、TC Electronicマルチチャンネル・シグナル・プロセッサー・プラットフォームの総称です。Reverb 6000 MKIIが提供するマルチチャンネル・リバーブ・プロセッシング、そしてMastering 6000 MKIIが提供するマルチチャンネル・ダイナミックス・プロセッシングの両アルゴリズムを1台に集約したものが、SYSTEM 6000 MKIIとなります。

SYSTEM 6000 MKII、Reverb 6000 MKII、Mastering 6000 MKIIはすべて同じハードウェア構成となり、目的に応じてI/O仕様を拡張したり、アルゴリズムを追加搭載していくことが可能です。充実したリバーブ/ダイナミックス処理、マルチチャンネル等のフォーマット・コンバージョン、ヘッドホン用のバイノーラル処理、ノイズ・リダクション、そしてサードパーティーによるアルゴリズムなど、多彩な処理を可能にするツールを用意し、TCのフラッグシップ・プロセッサーの名に相応しい究極のプロセッシング・プラットフォームを実現します。

SYSTEM 6000 MKII、Reverb 6000 MKII、Mastering 6000 MKIIは、複数台を一つのネットワークとして扱うことが可能で、複数の部屋にわかれている機材の処理をシェアするなど、システムの処理能力を拡張することも可能です。


内部ルーティング


▲クリックして拡大表示▲
SYSTEM 6000 MKIIは、16の物理I/Oを32の内部エンジンI/Oに自在に割り当てることが可能です。内部ルーティングはTC Iconに表示されるオーバービューにて構築することができます。

・全チャンネル96kHzサンプルレートで運用可能
・I/Oチャンネルを自由にアサインすることで、多彩なスタンダードに準じる5.1チャンネル・ディストリビューションが可能
・エンジンI/Oのパラレル/シリアル・ルーティング可能
・一つの物理入力から複数エンジンへの同時フィードが可能
・エンジン・アウトをミックスし、物理出力可能
・ルーティングのプリセット・ストア&リコール可能

プリセット/ライブラリー機能


▲クリックして拡大表示▲
アルゴリズムは、プリセットを使用してエンジンにロードします。プリセットは目的に応じて選びやすく、「Reverb for Music」や「Reverb for Film and Mastering」など、ライブラリー別に格納されています。

プリセットは、3つのレベルに分けられています。

Scene(シーン):4つのエンジン設定、及びI/Oルーティングすべての設定をリストアします。

Routing(ルーティング):I/Oルーティングのパッチ設定のみをリストアします。

Engine(エンジン):エンジンにロードするアルゴリズムの設定のみをリストアします。

現在SYSTEM 6000 MKIIに用意されているファクトリー・プリセット数は600超。いずれのプリセットもカスタマイズ可能で、ユーザー・プリセットとして保存できます。ユーザー・プリセットは上記の3レベルで、Scene x 50、Routing x 50、Engine x 100の数だけ保存可能です。別途PCMCIAカード1MBをM6000のカードスロットに挿入することで、ユーザー・プリセット数をScene x 500、Routing x 500、Engine x 1000まで拡張することができます。またユーザー・プリセットバンクは、接続されているMacintosh/Windowsマシンにもストアすることが可能です。

膨大なプリセットから適切なプリセットを素早く見つけるために、アルゴリズム・タイプ/プリセット名/ウィザードなどの方法が用意されています。

ユーザーインターフェイス/ネットワーク


▲クリックして拡大表示▲
SYSTEM 6000はTC Icon、もしくはIcon Editorをユーザーインターフェイスにしてコントロールします。TC IconはCPU 6000を介し、スタンダード・イーサネット接続/標準TCP/IPプロトコルで使用可能です。最大255台のM6000/TC Iconを一つのネットワーク上に組み込むことができ、例えば1台のM6000を10台のTC Iconからコントロールする、などフレキシブルなシステム・セットアップ構築が可能になります。

オートメーション&インテグレーション

SYSTEM 6000 MKIIはオートメーション、及び外部コントロールに対応します。 M6000 リアパネルに装備された1/4インチSMPTE入力により、全タイムコード・フォーマットを受け、このタイムコードでプログラム・チェンジを含むイベントリストとオートメーションを作成したり、シーケンサーなどの外部MIDIによるパラメーター・オートメーション(最大6パラメーター/各エンジン)が可能です。

SYSTEM 6000 MKII - 旧SYSTEM 6000からの新機能/改善点
2000年の発表から10年を経て、TC Electronic社フラッグシップ・シグナル・プロセッサー「SYSTEM 6000」がMKIIへとアップグレードされました。見慣れた黒い筐体から一転、アルミ削りだしのスタイリッシュなルックスへと変貌しただけではなく、複数の新機能が追加されました。

SYSTEM 6000 MKII - 新機能/改善点

・新ネットワーク/Wi-fi対応プラットフォーム
・内部パーツをすべてグレードアップ。演算能力が向上しました。
・フロッピーディスク・ソケットを撤廃し、イーサーネット・コネクションによるSWインストールが可能
・CPU 6000 MKII:デュアル・イーサーネット/デュアルUSBコネクションが可能
・CPU 6000 MKIIの演算能力の向上により、Loudness Radar Meter LM5Dの応答速度、及びTC Icon MKIIタッチスクリーン/フェーダー・レスポンス性能が向上
・またSYSTEM 6000 MKIIより、ソフトウェアがv5.00にアップグレードされます。本バージョンはSYSTEM 6000 MKIIプラットフォームを完全サポートし、
 ステレオ/マルチチャンネル・マスタリング・アルゴリズムに「Matrix88」8 x 8 48bit ミキサー・アルゴリズムが無償で追加されます。

Matrix88 - 主な機能


▲クリックして拡大表示▲
・8 x 8/48bit ミキサー・アルゴリズム
・ビットトランスペアレント・ルーティング・マトリックス
・最大300msのサンプル・アキュレート・インプット・アライメント・ディレイ装備
・2 x pre/postステレオAUXセンド
・2 x メインミックス・アウト
・チャンネル間のスムーズなクロスフェードを実現
・48bitアウトプット・リミッター搭載
・1 DSP@96kHz(最大4インスタンスまで起動可能)


ハードウェア構成
SYSTEM 6000 MKII、Reverb 6000 MKII、Mastering 6000 MKIIはすべて同じハードウェア構成(TC Icon MKII + CPU 6000 MKII + M6000 MKIIメインフレーム)となり、目的に応じてI/O仕様を拡張することが可能です。

*I/O拡張用のハードウェア・オプションに関しては、こちらをご確認ください。
TC Icon MKII



タッチパネル・ディスプレイとムービング・フェーダー搭載の専用リモート・コントローラー。I/Oルーティングや各アルゴリズムのパラメーター調整等の操作が行えます。TC IconはMacintosh/Windows対応の「Iconソフトウェア・エディター」としても提供しています。
CPU 6000 MKII



TC Icon専用のプロセッサー/インターフェイス。TC Iconで操作された内容をM6000に反映し、またM6000で処理されたシグナル情報をTC Iconに反映するインターフェイスになります。TC IconとCPU 6000は専用ケーブル、CPU 6000とM6000はイーサネット・ケーブルで接続します。
M6000 MKIIメインフレーム



すべての物理I/O、及び音声プロセッシング用のDSPエンジンをハウジングしています。標準で8 AES/EBU I/Oチャンネル仕様となっており、オプションで1 x 8ch AES/EBU I/Oカード、もしくは3 x ADA24/96(デュアル・チャンネル・アナログI/O)カードを追加し、最大合計16イン/16アウト仕様まで拡張可能。全チャンネル、96kHzのサンプルレートで運用することができます。

また4基搭載されているDSPには、ライブラリーに格納されている任意のリバーブ/ダイナミックス・ライセンスをロードすることができます。各エンジンは最大8イン/8アウトのハンドリングが可能で、物理I/Oを内部で柔軟なルーティングに組むことができます。

ソフトウェア・ライセンス構成
SYSTEM 6000 MKIIは、Reverb 6000に標準搭載されているマルチチャンネル・リバーブ・ライセンス「VSS6.1」と、Mastering 6000に標準搭載されているマルチチャンネル・ダイナミックス・ライセンス「MD5.1」の両ライセンスを搭載しています。


製品名


SYSTEM 6000 MKII


Reverb 6000 MKII


Mastering 6000 MKII

標準搭載アルゴリズム
VSS6.1ライセンス
Reverb
VSS6.1 (Multichannel)
VSS5.1 (Multichannel)
VSS Quad Mono (Stereo)
VSS Surround (Stereo)
VSS4 (Stereo)
VSS3 (Stereo)
NonLin2 (Stereo)
DVR2 (Stereo)

Delay
Reflector6 (Multichannel)
Reflector (Stereo)


MD5.1ライセンス
Mastering
MD5.1 (Multichannel)
MD4 (Stereo)
MD3 (Stereo)
BrickWall2 (Stereo)
DeEsser (Stereo)
EQ5.1 (Multichannel)

Monitor Matrix
Toolbox5.1 (Multichannel)
Mixer Matrix
Matrix88 (Multichannel)

その他使用可能アルゴリズム
M5000 Classics
Rev2 (Stereo)
Rev3 (Stereo)
Rev Core2 (Stereo)
Chorus (Stereo)
Delay1 (Stereo)
Delay2 (Stereo)
Phaser (Stereo)

Panner
SpacePan5.1 (Multichannel)

Pitch Change
VariPitch (Stereo)

有償オプションライセンス
SYSTEM 6000 Integrator



SYSTEM 6000 IntegratorはDAWやNLEプロジェクトとSYSTEM 6000プロセッシングをインテグレートするオプション・プラグイン。Integratorを使用することで、オーディオ/ビデオ・エディターのオートメーション機能でSYSTEM 6000のプリセットをリコールすることが可能となります。AAX(Pro Tools 10以上)、RTAS(Pro Tools 10以下、Media Composer)、VST(Nuendo、Cubase、Adobe Premiere)対応。


ラウドネス監視
LM6 Loudness Radar Meter (Multichannel)
Live Aid (生放送/ライブ中継向けラウドネス・プロセッシング・アルゴリズム、ALC6 & DMixバンドル)

ピッチ・チェンジ
VariPitch8 (Multichannel)

5.1chアップコンバージョン
UnWrap

ノイズ・リダクション
BackDrop (Stereo)

MDW EQ
MDW HiRes5.1 (Multichannel)
MDW HiRes (Stereo)

バイノーラル・マッピング
Engage


オプション・ハードウェア
SYSTEM 6000 MKII(Reverb 6000 MKII、Mastering 6000 MKII)は、8ch AES/EBU I/Oが標準付属されます。
目的に応じて下記オプション・ハードウェアを追加し、仕様を拡張いただけます。

製品名 製品概要
ADA 24/96 - アナログI/O 2chアナログI/Oモジュール。1台のM6000につき、最大3つまでのADA 24/96カードを追加することが可能で、計6ch分のアナログI/Oを確保できます。コネクターは2 x XLRメス + 2 x XLRオス端子です。
AES 8 - デジタルI/O 8ch AES/EBU I/Oモジュール。1台のM6000につき、1枚追加可能です。コネクターは25ピンD-Subで、D-Sub/XLRスネークケーブルが付属されます。
1MB PCMCIA Type 1 M6000 フロントパネルのカードスロットに挿入することで、ユーザー・プリセット数をScene x 500、Routing x 500、Engine x 1000まで拡張することができます。PCMCIAカード内のデータには、IconコントローラーのLibraryページよりアクセス可能です。
標準4ポート・イーサネット・ハブ 複数台のM6000、TC Icon及びIcon Editorを搭載したMacintosh/Windowsマシンをネットワークする時に使用します。

製品画像





アップグレード・プログラム
TC Electronicでは、SYSTEM 6000ユーザー様を対象に、SYSTEM 6000 MKIIへのアップグレード・プログラムを実施しております。MKIIの最新ソフトウェアは黒い筐体のSYSTEM 6000では動作しませんので、ぜひこの機会をご利用ください。

SYSTEM 6000 MKIIアップグレード・プログラム詳細/申込書(PDF/1.1 MB)

本アップグレード・プログラムのお申し込みは、TC Electronic社ブロードキャスト/プロダクション向け製品の日本国内における販売及び保守関連業務を行っている株式会社ビーアイ・フォース様までお問い合わせください。

株式会社ビーアイ・フォース - ウェブサイト