LM2n & LM6n - ネイティブ・ラウドネス・レーダー・プラグイン
「LM2n」と「LM6n」はPro Tools、及び主要なDAWの最新ソフトウェアに対応したネイティブ・ラウドネス/トゥルーピーク・メーター。両プラグインともモノラル/ステレオ・シグナルでの高精度ラウドネス計測が可能で、LM6nは5.1マルチトラック計測、及びラウドネス値のロギングにも対応します。

LM2n/LM6nは、従来のLM2/LM6プラグインとは異なり、物理iLokキー不要で動作します。LM2/LM6と同等の視認性に優れた独自レーダーメーター表示を特徴とし、セッティング画面、新表示オプション、Pro Toolsにおけるオフライン計測の改善など、多くのアップデートが施されています。


革新的なレーダーメーター表示でクリティカルなラウドネス情報を一目で確認可能
最新の国際ラウドネス規格に準拠:ITU BS.1770-3、ATSC A/85、EBU R128、TR-B32、OP-59
Pro Tools、及び主要なDAW環境でシームレスに動作するネイティブ・プラグイン
VST、AU、AAX、及びAudioSuite(Windows & Macintosh)対応
Pro Toolsにおける高速/高精度オフライン・ラウドネス計測を実現
主要ブロードキャスト・スタンダードに則った納品仕様作成に役立つ24/7ロギング機能(LM6nのみ)
フィルム制作に支障とならない低彩度ビュー・モード
柔軟なラウドネス・ヒストリー設定:1分〜24時間のレーダースピード調整
トゥルーピーク・メータリング:データ圧縮、コーデック、コンバージョン等、ダウンストリーム時の音質確保
ユニバーサル・ディスクリプター:レーダー下部に任意の2パラメーターの数値表示が可能
詳細解析スタティスティック・オーバービュー画面
Retina対応:高解像度PPIグラフィック・サポート



トライアル・ライセンスで、LM2n及びLM6nを14日間、全ての機能を制限なくお試しいただけます。トライアル・ライセンスを取得するには、下記リンクより「Get Demo License」の空欄にお客様のiLok.comユーザーIDを入力の上「Submit(送信)」ボタンを押してください。

LM2n/LM6nトライアル・ライセンス取得ページ



幅広いDAW環境/アプリケーションに対応
LM2n/LM6nは幅広いDAWソフトウェアとアプリケーションに対応し、自由度の高い作業環境を提供します。

●対応DAW
AAX(Pro Tools 10 & 11、Media Composer 8.1)
VST(Nuendo、Cubase、Audition、Premiere、その他)
Audio Units(Logic Pro、Final Cut Pro、その他)

●推奨アプリケーション
ブロードキャスト向け音声プロダクション
CM & ジングル制作
iTunes向けマスタリング
ゲーム音声制作
iデバイス向けデリバリー
ウェブデリバリー
オーディオCDマスタリング




強力なオフライン・ラウドネス計測機能
LM2n/LM6nをPro ToolsのAudio Suiteプラグインとして使用することで、実時間よりも遥かに速い時間で音声のオフライン・ラウドネス計測が可能です。
手順も至って簡単:プリセットを選択し、解析したいオーディオ・クリップを選んだら、「Analyze」を押すだけです。




表示オプション
LM2n/LM6nは表示サイズを「Normal」と「Big」で切り替えられます。またカラーモードも「フルカラー」と「低彩度」で切り替え可能。「低彩度」モードは、フィルム制作などビジュアル・コンテンツの色彩がクリティカル・ファクターとなる現場において、作業の邪魔にならないようにサポートします。



▲「Big」サイズ表示モード(左/実寸)と、「低彩度」表示モード(右)▲


詳細解析スタティスティック・オーバービュー画面


オーバービュー画面では各パラメーターの詳細情報を包括的に表示します。

Program Loudness(I):全プログラム/トラックのラウドネス値
Max Short Term Loudness(S):音声素材を通じた最大ショートターム・ラウドネス値
Loudness Range(LRA):音声素材を通じた最弱〜最大ラウドネスレンジ
True-Peak Max:音声素材を通じた最大トゥルーピーク値
Sliding Loudness 10 Sec:10秒枠における最大ラウドネス値
PLR:音声素材の「潰れ」ファクターを示すピーク/ラウドネス・レシオ



PPMサラウンド・チャンネル表示順オプション(LM6nのみ)

表示を切り替える際に実際のシグナル・ルーティングが変更されることはありません。





トゥルーピーク・メーター(LM6nのみ)


ラウドネス計測は主観的な聴覚をベースに行われるため、従来の「クワジーピーク」もしくは「サンプルピーク」といった手法でノーマライズされた素材はレベル・オーバーロードする可能性があります。多くのブロードキャスト規格はノーマライズを必須要項として採用しており、これらの規格に準拠するためにはトゥルーピーク・メーターの使用が有効なソリューションです。

トゥルーピーク・メーターは実サンプルに加えインターサンプル・ピークも参照するため、ディストーションの原因となる「隠れたピーク」をも検出することが可能です。


PLRパラメーター
PLR(Peak to Loudness Ratio)パラメーターは特定のヘッドルームに対して適切なトランジェント・リミッティング/クリッピングの状態を明確にする機能です。PLR値が低い場合は音声が「潰れている」ことを意味し、トランスミッション補正時に適正なラウドネス値に落とし込むことが難しくなります。

LM2n/LM6n - 新機能(対LM2/LM6比較)

独立した最大モメンタリー・ラウドネス/最大ショートターム・ラウドネス設定
サイズ、及びカラーモードの表示オプション追加
Pro Toolsにおけるオフライン計測機能の向上
PPMサラウンド・チャンネル表示順オプション:Film、SMPTE/ITU、DTS
PLR:音声素材の「潰れ」ファクターを示すピーク/ラウドネス・レシオ
物理iLok USBキー不要
ログファイル・フォーマットのアップデート(LM6nのみ)


LM2n & LM6n - 仕様/基本動作環境
製品名: LM2n LM6n
対応シグナル: モノラル
ステレオ
モノラル
ステレオ
5.1マルチチャンネル
ログ管理: × テキストログ保存可能
準拠規格: ITU-R BS.1770 完全準拠
ITU-R BS.1770-2 完全準拠
ATSC A/85 完全準拠
TR-B32 完全準拠
EBU R128 完全準拠
ラウドネス・ディスプレイ: ショートターム/ラウドネス・ヒストリー・レーダーメーター
ロングターム・ディスクリプター
トゥルーピーク・バーグラフメーター
テキストによる統計データ表示
基本動作環境: Macintosh OS X:
Macintosh OS X 10.6.8以上(Intel CPU 2 GHz以上)
2 GB RAM
Pro Tools 10.0以上、もしくはVST/AUホストアプリ
各ホストアプリケーションの推奨システム環境

Windows:
Windows XP以上(Intel CPU 2 GHz以上)
2 GB RAM
Pro Tools 10.0以上、もしくはVST/AUホストアプリ
各ホストアプリケーションの推奨システム環境

※LM2n/LM6nのiLokライセンスは、iLok USBキーもしくはPC/Macintoshマシンに保存可能です。
 いずれの場合も、iLok IDが必要です。iLok IDはコチラより取得してください。

※LM2n/LM6nはRTAS非対応となり、v10.0より前のバージョンのPro Toolsではご使用いただけません。
対応プラグイン・フォーマット: Macintosh OS X:
VST2.4 32/64-bit
VST3 32/64-bit
Audio Units 32/64-bit
AudioSuite 32-bit
AAX Native 32-bit
AAX Native 64-bit

Windows:
VST2.4 32/64-bit
VST3 32/64-bit
AudioSuite 32-bit
AAX Native 32-bit
AAX Native 64-bit
対応ホストアプリケーション: LM2n/LM6nは上記プラグイン・フォーマットに対応するホストアプリケーションでご使用いただけます。
また下記ホストアプリケーションでの動作を確認しております。

Avid Pro Tools 10 & 11(Mac/PC)
Avid Media Composer 8.1(Mac/PC)
Apple Logic Pro 9 & X(Mac)
Apple Final Cut Pro X(Mac)
Steinberg Nuendo(Mac/PC)
Steinberg Wavelab(PC)
Steinberg Cubase(Mac/PC)
Ableton Live(Mac/PC)
Adobe Audition CC(Mac/PC)
Adobe Premiere CC(Mac/PC)
Reaper(Mac/PC)