K Series - K-115/K-210/K-212/K-410ベース・キャビネット
Kシリーズは、K-115/K-210/K-212/K-410と、ドライバー構成の異なる4機種で構成されます。各キャビネットは、単体使用のみならず、複数台の組み合わせも想定して設計されており、「BH550」や「BH800」といったTC Electronicベース・ヘッドと高い調和性を誇ります。

K-210/K-212/K-410は、TC ElectronicとLAVOCEによってデザインされたカスタム・ドライバーを搭載。レトロモダンに北欧デザインのアクセントをちりばめた汎時代的な軽量デザインで、演奏スタイルや空間を問わず幅広い層にアピールします。

K-115は、1 x 15インチ・カスタムLFドライバーを搭載し、圧巻のローエンド・ベース・サウンドを再生します。軽量でレトロモダンなルックスを備えながら8 Ohms/400 Wの仕様で、プレイヤーもリスナーも満足するサウンドとスペックを兼ね備えています。

主な機能
可搬性に優れた軽量設計
高品位LAVOCEカスタム・ドライバー搭載(K-210/K-212/K-410)
高品位TURBOSOUNDカスタム・ドライバー搭載(K-115)
スタック・マウント対応
高パワーハンドリング
8 Ohmsインピーダンス
デュアル・スピコン・コネクター





●スタック・マウント対応
Kシリーズは、単体使用はもちろん、キャビネットのスタッキングを想定した設計がなされています。縦置きのスタックでは、ナチュラルなローエンドと演奏の細かなニュアンスを維持したまま音量を増強。複数機種の組み合わせでは、トーンの調整を含めたサウンド構築が行えます。

●トーンを犠牲にしない軽量設計
多くのベース・プレイヤーにとって、機材の運搬は悩みとなりがちです。Kシリーズは、演奏場所に合わせた持ち込み機材の選定や、実際の搬入・搬出の負担を、大きく軽減することとなるかもしれません。

●細部にまでこだわったデザイン性
堅牢な構造。そして、レトロモダンなルックスのフロントグリルの背面に佇む、ナチュラルな再生音を誇るカスタム・ドライバー。Kシリーズの作りは、細部まで上質を物語ります。


Kシリーズ - 製品ラインナップ
Kシリーズはドライバー構成の異なる3モデルをラインナップしています。






K-210
2 x 10インチLFドライバー
1インチ・セラミック・ツイーター
400 W @ 8 Ohms
690 mm x 395 mm x 356 mm
20 kg





K-210は、2 x 10インチ・カスタムLFドライバー + 1インチ・セラミック・ツイーターのドライバー構成で、存分なローエンドを確保しながらパンチと明瞭性あふれるベース・サウンドを再生します。わずか20 kgながら8 Ohms/400 Wの仕様で、現代のプレイヤーが求めるサウンド・スペック・ルックスを高いレベルで兼ね備えています。

K-212
2 x 12インチLFドライバー
1インチ・セラミック・ツイーター
400 W @ 8 Ohms
690 mm x 395 mm x 456 mm
23 kg





K-212は、2 x 12インチ・カスタムLFドライバー + 1インチ・セラミック・ツイーターのドライバー構成で、存在感あるローエンドとパンチ・明瞭性あふれるベース・サウンドを再生します。重量23 kg、8 Ohms/400 Wの仕様で、現代のプレイヤーが対面する様々なシチュエーションを柔軟にこなします。

K-410
4 x 10インチLFドライバー
1インチ・セラミック・ツイーター
600 W @ 8 Ohms
690 mm x 605 mm x 356 mm
29 kg




K-410は、4 x 10インチ・カスタムLFドライバー + 1インチ・セラミック・ツイーターのドライバー構成。重量29 kg、8 Ohms/600 Wの仕様で、タイトで明瞭性あふれるベース・サウンドを再生します。単体使用はもちろん、K210またはK212との組み合わせでも使用できます。

K-115
1 x 15インチLFドライバー
400 W @ 8 Ohms
690 mm x 605 mm x 356 mm
23.5 kg





K-115は、1 x 15インチ・カスタムLFドライバーを搭載し、圧巻のローエンド・ベース・サウンドを再生します。軽量でレトロモダンなルックスを備えながら8 Ohms/400 Wの仕様で、プレイヤーもリスナーも満足するサウンドとスペックを兼ね備えています。


Kシリーズ - セットアップ例