BG250シリーズ - コンパクト、パワフル、多機能なベース用コンボアンプ・シリーズ
TC Electronicならではの先進性と性能を詰め込んだコンボ・ベースアンプ「BG250」シリーズ。
コンパクトサイズながら250Wのパワーと、4種類のドライバー構成ラインナップによる幅広いサウンドの自由度を提供します。

主な機能
TonePrint対応
超軽量/超ハイパワー
インテリジェントなEQセクション
ベース・チューナー搭載
ウォームでパワフルなサウンドを実現する、多彩なドライバー構成モデルをラインナップ

BG250シリーズ - 製品ラインナップ
BG250シリーズは多彩なドライバー構成のモデルをラインナップしています。





BG250-208
250 W / 2 x 8インチ
292 x 320 x 465 mm
11.6 kg
TonePrint用スロット x 1*




BG250-112
250 W / 1 x 12インチ
458 x 375 x 540 mm
15.4 kg
TonePrint用スロット x 2*




BG250-115
250 W / 1 x 15インチ
462 x 380 x 620 mm
16.6 kg
TonePrint用スロット x 2*




BG250-210
250 W / 2 x 10インチ
458 x 375 x 620 mm
19.6 kg
TonePrint用スロット x 2*




*BG250-112、BG250-115、BG250-210の3モデルにはデュアルTonePrintスロットを装備し、より幅広いトーン・バリエーションを使用することが可能です。
*BG250はオプションの外部ペダル「Switch-3」を使用することで2種類のTonePrint切り替え、及びミュートOn/Offの操作が可能となります。


BG250シリーズ - 注目ポイント
●シグネチャー・トーン
BG250はBass TonePrintを搭載しています。TonePrint用スロットに、最前線のベース・プレイヤーによるシグネチャー・エフェクトを含む任意のエフェクトをアップロードできます。エフェクトは、Switch-3フットスイッチ(別売オプション)か、本体からスイッチングまたはミュートできます。

TonePrint機能の搭載にあたっては、コンパクト・エフェクトのラインアップで実証済みのエフェクトに加え、ベース用のエフェクトを追加。BassDriveでは、TCベース用アンプヘッド「RH750」のTubeDrive機能を移植したテイストフルなサウンドから、破壊的な「The Beast」TonePrintまで、様々なフレイバーのドライブが得られます。TCのユニークなベース専用コンプレッション・アルゴリズム「SpectraComp」もTonePrintとして使用可能になりました。TonePrintに関連した設定は、フリーの専用スマホ・アプリまたはPCから行えます。

●インテリジェントなトーン・シェイピング用のツールを搭載
EQセクションはモデルによってベース/ミドル/トレブルの各コントロールに割り当てられている周波数レンジと反応の仕方を最適化しており、昔ながらのボディのあるベース・サウンドから現代的な派手なサウンドまで、ベーシストの要求にしっかりと応えます。

●軽量ながらパワフル
どんなにパワフルなアンプも、現場への搬入に手こずるほどの重量とサイズになってしまっては、稼働率が大幅に下がってしまいます。BG250シリーズは、最先端の独自アンプ技術を駆使することで、250ワットながらも、同クラスの製品の中では最も軽量で最大音量が得られるアンプの一つに仕上がっています。大音量でもハイミッドやトレブルの帯域が失われていくことのない、パワフルでウォーム、なおかつファットなサウンドが特徴です。

●チューナー内蔵
BG250シリーズは、4〜6弦ベース対応のチューナーを内蔵。楽器を抱えてアンプをセッティングする流れの中で、一気にチューニングまで済ませることができます。

●接続性
AUXリハーサル・インプット:スピーカーまたはヘッドホンからmp3プレイヤーなどの音声が再生可能
バランスDIアウト:PAミキサーまたはレコーディング機器への接続用
ヘッドホン・アウト:個人練習用
フットスイッチ:別売オプション「Switch-3」によるエフェクト・スイッチング&ミュートOn/Off


BG250シリーズ - 製品マニュアル

BG250-112 / BG250-115 / BG250-210 - 共通マニュアル(PDF/1.2 MB)
BG250-208 - 製品マニュアル(PDF/1.2 MB)